化粧品とスキンケアの見直しで肌荒れを予防する

クレンジングをする女性の写真

ストレスを感じると肌が荒れることは、この記事を読んでいる方の多くが経験されているかと思います。ストレスは大きく、内的ストレス外的ストレスの2つに分けられます。

ここで挙げる外的ストレスの代表には、化粧品や衣類・スキンケア・気候・紫外線・外傷などがあります。特に化粧品とスキンケアは毎日のように触れるものですので、定期的に見直すことで改善・予防に繋がるでしょう。

女性であれば日頃メイクをしている方も多いと思いますが、肌荒れを防ぐ為の基盤は、しっかりとしたメイクオフと保湿が最重要となります。まず、メイクオフの際に気をつけたいのは、完璧に落としきることです。

せっかく質のいい基礎化粧品を使っていても、メイクが落ちていなければ効果は得られないどころか、逆効果にもなり兼ねません。目の周りは落とし忘れが最も多い箇所ですが、この落とし忘れは目の周りの色素沈着の原因にもなってしまうので、アイメイクリムーバと綿棒を使用し徹底的に落とす事をおすすめします。

次に保湿は、最低でも化粧水と乳液を使用しましょう。化粧水をどんなにたっぷり使っても、乳液で潤いに蓋をしてあげなければ蒸発して乾燥してしまいます。保湿をしっかり行って、強い肌を育てましょう。

人それぞれ肌質は人によって違うので、化粧品及び基礎化粧品の正解というものは一言にはあらわせません。いろいろな製品を実際に試して自分の肌に合うものを探すことが一番の近道だと言えるでしょう。

このページの先頭へ

プロのトレーダー