肌荒れ予防には”深い眠り”を

睡眠のイメージ写真

肌荒れの改善・予防に感心のある方なら、一度は肌荒れと睡眠がとても大きく関係している事はご存知かもしれません。

実際、睡眠中にはお肌を修復する成長ホルモンが分泌されることは科学で実証されています。

そしてその裏付けとして、有名な女優さんたちが「美肌の秘訣は睡眠」と口を揃えて言う程で、肌荒れを予防して美肌をキープするには睡眠が大きな役割を果たすことは間違いないと言えます。

そうなると、とにかくたくさん寝ることに傾倒しがちですが、その前に睡眠について少しおさらいしましょう。睡眠には"レム睡眠"と"ノンレム睡眠"という2つの種類があります。簡単に言えばレム睡眠は浅い眠り、ノンレム睡眠は深い眠りと定義することができます。

そしてお肌の修復に必要な成長ホルモンが分泌されるのが、深い眠りである"ノンレム睡眠"なのです。このノンレム睡眠は、眠りについて3時間でピークに達します。つまり、成長ホルモン分泌には睡眠の質が要になっており、必ずしも睡眠時間の長さと肌の綺麗さは比例しないということです。

睡眠の効果を最大に引き出す為には、一つ目に自分自身に必要な睡眠時間を把握して確保すること。二つ目には就寝時には電気を消し、きちんとした寝床で横になるといった、睡眠をとる環境を整えることが必要になります。

このページの先頭へ

プロのトレーダー